更新が原則

一方定期借地権は、 契約期間が満了した際に更新することができないと言ったタイプの借地権です。普通借地権の場合は、契約満了時において、「買取請求権」を行使することができるものの、この権利においては、借りていた人は、 土地の建物を解体して、更地状態で返還しなければなりません。

定期借地というものは、返還時期が決定しているために、地主側にメリットも多いです。そして、古い方の旧借地法ですが、 古い方の法律において、土地を借りて契約更新を続けていけば半永久的に契約の継続をすることが可能だったのです。

古い法律と新しい法律にどのような違いがあるのかといえば、 旧借地法は借主側の権利の保護の為に施工された意味合いがより強いということです。以前の法律の解釈からすれば、借主側に更新の意思がある限りは、地主側の都合によって契約を解除するのはとても難しかったのです。30年たって契約の更新の時期が来ても、自動的に解除の意思がない限り、更新され続けてしまうことになります。

更新原則の法律と考えて良いのではないでしょうか。正当事由の定義は曖昧なものであり、 土地所有者自らが土地の使用を必要とする場合など曖昧性があり、過去にはトラブルが少なくありませんでした。