普通借地権

不動産の売買を考えるなら当然この借地権と言うキーワードもしっかり把握する必要があります。しかし、やっぱりこの借地権という法律は、判りづらいといえば判りづらいです。

借地権といえば、土地に設定される「賃借権」のことを言うのがほとんどのケースです。地代、そして存続期間については、土地所有者と借地人の話し合いのうえ決定されることになります。駐車場、または資材置き場として使用するため、土地の賃貸借契約をしたとしても、建物所有を目的としないものは、借地権にあたる訳ではありません。

借地権は、土地上の建物の賃借人を保護する目的のために作られた権利なのです。そして、新しい法律と、古い法律の区別もここでする必要があります。

旧借地法と現在の借地借家法の違いです。現在の借地法において、土地に建物を建てて利用することを前提とした賃借権を借地権と定義しています。借地権とは、借りる側の権利として考えることが出来ます。

更に借地権には、 普通借地権と定期借地権と分類することが出来ます。普通借地権が何かといえば、 契約期間が満了した際にも更新ができる権利です。契約期間が満了した際にも更新が可能です。この場合、借主に更新の意思があった場合には、地主さん側に更新を拒否する正当事由がない限りは、自動的に契約が更新されることになります。