借地権について考える

借地権についてまだまだ理解出来ないことがありませんか。何しろ、いろいろなものを参考にして理解しようと思うものの、専門用語が頻繁に登場して、なかなかすんなり理解出来ないのです。

それは、 第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利のことです。メリットとしては、土地に対する固定資産税がかからないこともあり、所有権を購入するよりも安価です。しかし建物は自分のものなのに、 その下の土地はあくまでも他人ものというのに何か違和感はあるのではないでしょうか。

増改築や名義変更等に伴い各種手数料が発生するというデメリットも考える必要があり、 売却や譲渡、増改築には地主様の承諾が必要になってきます。そこにあるのは、所有権に比べ土地を借りるだけの権利だから、 資産価値は低くなってしまうデメリットもあります。

メリットもあるかもしれませんが、いろいろ不都合な問題も抱えているようです。更にこれらの問題を判りづらいものにしているのは、新しい法律と古い法律が現在二つ混在してしまっているということです。

平成4年には新しい法律が誕生してしまったのです。以前古い法律においては、土地を借りている人たちに対して守る意味合いが強いものだったのですが、 実際に、トラブルは、地主側と多く起こっていたようです。そして、段々とこのような取引自体がトラブル回避のため少なくなって来てしまったのです。もう少し、何かしらいい方法はないかということで生まれた法律なのです。